<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


☆LDっ子Rのブログですが、Rの話が尽きましたので、「他愛ないひとり言日記」化しています^^; 更新も不定期ですが、気軽に遊びにいらしてくださいマセ☆

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏休みの宿題は「戦艦大和」を造ること

今日から7月です。暑くなりそうですネ。私はなんだか、バタバタとしていますが

では、昨日の続きから。。
不思議なもので、そんな風に思ってからはたいした問題もなく、またRも自分で考えて
行動するようになりました。もちろん、失敗もたくさんありましたがチャレンジ精神は
失せていません。

中学時代は美術部の副主将をやらさせてもらって好きな絵を毎日描いていたように思います。
小さい頃から、絵が好きな子でした。デッサン力はお世辞にも上手いとは言えませんが、
色彩が変わっていて面白い。幼稚園の頃はMOA美術館奨励賞や子供二科展など受賞もしま
した。ハンディのある子供たちは、アートな感覚に優れていると言われますが、そんな子供
たちが本当に多いですね。

出来ないところを補うのもいいのですが、限界があります。それよりも出来ることをもっと
掘り下げていく、広げて伸ばしていくやり方の方が子供は伸びて行きます。

相変わらず勉強はまったくダメ!なRでしたが、コツコツとやっている姿を見ていた通級の
先生は、2年の夏休みにRにだけ宿題を出したのです。それは、普通クラスの宿題はしなく
ていいから、プラモをひとつ完成させる!と言うものでした。ただし、条件として、
すぐに造れるモノは×とのこと。で、早速父親と何を造るかを相談したようです。
結局、船に決まり「戦艦大和」を造ることに。休日には父と息子で急々と出かけて行きました。
そうなんです。夫も好きなんですよ。

1メートル以上もある大和を夏休みいっぱい時間をかけて仕上げました。
大変だったと思います。色塗りもあるし、何より細かい。ピンセット作業もあります^^;
でも、本人は好きなんです。毎日毎日コツコツと仕上げていきました。
出来上がった大和を一緒に学校まで運びましたが 本人はやり遂げた
達成感みたいなものを感じていたようだし、自信もついたんじゃないかなと思います。

それ以来図形を書いたり、プラモを造ったり、3Dもどきに興味を持ったりと広がっていきます。
この通級の先生もまた小学校の先生と同様きっかけを与えてくれたのです。

| 中学校時代 | 12時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://ldlife.blog.fc2.com/tb.php/40-533760cc

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。