<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


☆LDっ子Rのブログですが、Rの話が尽きましたので、「他愛ないひとり言日記」化しています^^; 更新も不定期ですが、気軽に遊びにいらしてくださいマセ☆

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

保健室登校をする

今日は、久しぶりに晴れました。 だとやっぱ気持ちいいな。

さて、「僕はやってもやっても出来ない」の続きからです。

Rの大泣きは、幼稚園で慣れています。が、Rは幼稚園児ではありません。
3年生の男の子が学校の正門で大泣きするわけですから、目立たないわけがありません。

毎朝、ぐすって行きたくないを連発するようになりましたが、
その時私はここで休ませたらこの子はダメ!になると思いました。
休ませた方が私たちもラクでしたが、私か、夫が朝連れて行きました。

置かれている環境やその子の気質もありますので、登校拒否に関してはここでは
賛否は控えますが、学校に行かない!とゆうこともひとつの自己主張であり決断で
あると思っています。けれど、いつかは社会に出て行かなければなりません。
その辺の葛藤や影響が難しいとこですね。ホント、住みやすい社会を切に願います。

で、Rの場合ですがパワーがありすぎる子でした。いじめにもあっていますが、
小さい頃は背も低くひょろひょろとした体型でした。
なので、力では負けてしまうのですが、何度でも相手に向かっていきます。
またそれだけで本人の気が済まない時は、その子の親に直談判する子でした。
困った面もあったのですが、けれどそういった部分も上手に感情をコントロール
する事によって、プラスに化ける事もあります。そう言った可能性の芽をつぶしたくない
と思ったのでしょうね。休むことで気持ちを後ろ向きにさせたくないと思いました。

でもそれからが大変で・・・何とか学校には行くのですが、
クラスには行こうともしません。さすがに私もクラスがイヤならムリして行く必要は
ないと思っていましたので、校長先生や担任とも話し合って保健室登校という形に
してもらいました。そうです。要は登校拒否だけ避けた状態ですね。
ただ、行ってるだけです。

最初の頃はこの保健室でも好き放題やっていたようです。
片付けない・わざと散らかす・椅子は倒す・・暴れているようなものです。
でもその内、その保健室の先生との信頼関係が出来たのか、気持ち的に
少し収まってきたのか、だんだんと変わっていきました。
表情も柔らかくなり、クラスにも日によって違いますが数時間くらいは
出席も出来るようになっていました。

この状態が約2年間続きました。
もうこの頃から私も2・3歩うしろから見守っている状態でした。

| 小学校高学年時代 | 14時28分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

とっても冷静な文章で書いておられますが 当時は ホントに大変な思いを抱えられていたでしょうね・・・
勉強熱心な"地域” とはいっても そこに生活基盤がある以上
R君・オレンジ@@さん親子にとっては 社会そのものですものね。

ふくすけも 怠けているわけではないのに できない状態でしたが
本人は 解ってないことが解っていない 状態。

それを 解らせようと大泣きしたかったのは 親の私のほうだったかもですf(^^;

| おたふく | 2011/06/17 17:10 | URL |

いえいえ、皆さん同じ思いされてきたと思いますので。。

>解ってないことが解っていない状態。
あははっ その通りですね。親がはらはらしているのかもv-393
本人は至ってのんきですよね。でも、このお気楽さも要り
ますね。最近特にそう思います。

| オレンジ@@ | 2011/06/18 15:52 | URL |














http://ldlife.blog.fc2.com/tb.php/34-1da2b9d6

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。