<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


☆LDっ子Rのブログですが、Rの話が尽きましたので、「他愛ないひとり言日記」化しています^^; 更新も不定期ですが、気軽に遊びにいらしてくださいマセ☆

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

絵の中にお姉ちゃんがいない!

ここ数年の間に発達障害の知名度が上がりましたよね。
昨日も書きましたがこの違いはすごく大きい。
”なんか、おかしいんよねー”
と思いながらもそれが判らずまま過ぎていく・・かなりのストレス。
それが、ぱーっと晴れた時の爽快感はホント、言葉には出来ないくらいものです。

それからとゆうもの、本を読んだりまた、ネットで親の会があると教えてもらって
ネットの世界にも入りました。考えてみたらネット歴もそれ以来だから長いですねー
その割りに上達しないのはナゼ?

で、Rはと言いますと、相変わらず自分のペースで動いています。
性格も個性が強く周りからも浮いてしまう存在になっていました。

その辺りからでしょうか。。
上のお姉ちゃんの態度がRに対してきつくなっていきました。
多分、上の子はRの事でからかわれていたのだと思います。

Rは相手をしてほしいのでちょっかいを出しますが、その度にマジ切れで上の子は
怒っていました。今にして思えば私の対応も悪かった。
どうしてもRに手がかかってしまうのでつい、手のかからないお姉ちゃんには、
小さい頃から我慢をさせてしまっていました。

ある時、こういう事がありました。
初めてアセスメントを受けに行った時の事です。

臨床心理士の人と別室に入りなんやかんやとテストをしたようです。
終わった後に、その心理士さんから何枚かの絵を渡されました。
自由に書かせたそうですが、書かれていた絵の中に上の子がいません。
そうなんです。見事なほど、全部の絵の中にいないのです。
明るい色を使っていましたし、親の私たちも登場していますが、
まるで一人っ子の家庭になっていました(笑)

| 小学校低学年時代 | 21時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://ldlife.blog.fc2.com/tb.php/26-02cca2a1

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。