☆LDっ子Rのブログですが、Rの話が尽きましたので、「他愛ないひとり言日記」化しています^^; 更新も不定期ですが、気軽に遊びにいらしてくださいマセ☆

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

階段から落ちる!

こうやって、昔を振り返るのもいいもんだーと思います。
なにせ、「書く」とゆう習慣はもう無くなっています。
ノートからPCに変わってからとゆうものの、便利になって欲しいモノや
調べたい情報はネットを繋げればすぐに見つかります。
が、字を忘れて困ります。。

昔を振り返って整理しながら書いていますと、
いろんな思い出が走馬灯のように駆け巡ります。

あれは、確かRが9ヶ月の頃だったでしょうか。。

運動は得意ではありませんが決して苦手でもないR。
もう9ヶ月の頃には伝い歩きを始めていました。
丁度、夫も休みで私は台所に立っていました。
で、”見ていてね”と夫に頼んでいたのにまったくアテにもならない!
2階の階段から思いっきり下まで転げ落ちてしまいました。

「ドスん!!」とゆう音とRの泣き叫ぶ声で廊下に出てみると、
見事におでこを下にして転んでいました。

休日だったのですがRを抱えて慌てて近くの整形外科に・・・。
幸い何も異常がなく打ち身の腫れがひくまで、頭に包帯を巻かれたのみで済みました。

初めてのレントゲン写真を撮り、またまたぼそっーっと夫が
”小さくてもちゃんと形あるなぁ”
・・・当たり前やん!と怒りまくっていたのですが、
言うのもバカらしく黙っていたのを覚えています(笑)

後に、LDと診断された時、真っ先に思い出したのがこの階段事件。
”あの時何もなかったと言っていたけれど、本当はその時に脳に傷でも
出来ていたんじゃないか”と当時は真剣に思ったものです。
スポンサーサイト

| 誕生編 | 14時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「こだわり」って大変

今日は前回の勝手な社会性の話の続きからのお話しです。→前回の話はこちら

Rは気分の向くまま、本能のまま行動するような子供でした。
友達との遊びを楽しむというより、その子のおもちゃが目的、要は自分がおもちゃと
遊びたいのです。これくらいの小さい子供は、皆似たり寄ったりな部分もあるかと思う
のですが、それでも遊びに行って友人が留守であれば帰ってくると思います。

が、Rは違います。
当時のお気に入りの玩具は車。今もあると思いますが、車の乗り物のおもちゃ、
あれが大好きでした。特に建設関係のショベルーカーやダンプカーなどが好きで何種類か
持っていたのですが、欲しいと思ったら我慢が出来ません。

そういう玩具は庭先に置いていますよね。
それを勝手に持ち出して遊びだすのです。

近所ですから顔馴染みとはゆえ、そこのお母さんから電話があり知るという、
毎回このパターンでした。もちろん、何度も本人に注意をしますが聞くわけがありません。

毎回人様のおもちゃで遊ばすわけにもいかないので、結局買ってしまう。
この繰り返しでした。けれど、今考えてみますと欲しいモノはハッキリとしていますし、
大事に大切に使います。むやみに欲しがるわけでもなかったのです。

これがいわゆる「こだわり」だったんですよね。
発達障害のある子は、多かれ少なかれ何かにこだわりを持ちます。
Rの場合「車」だったというだけの話ですが、でもそれは周りには通用しません。
もちろん、親である私とて同じです。LDと判ったのはずっと先の話です。

その頃は、ただ甘やかしはだめ!とか我慢も必要なんだからと厳しく接していたかも
しれません。もちろん我慢は必要なのですが、それが本人の甘えた部分からくるものなのか、
発達の遅れからなのか、この識別は必要だと思います。ですが、まず判りません。
発達障害は見える障害ではありませんので、その事でより一層複雑になっているのではと思います。

| 誕生編 | 20時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

待望の「男の子」誕生!

私は、元々男の子が欲しかったので産まれた時は、
それはもう嬉しかったです。

2800グラムと少々小さかったものの、元気の良い男の子でした。

男の子はよく胃腸が弱いとか言いますが、これまた何を食べても平気で
風邪ひとつ引きません。強いて言えば上のお姉ちゃんからもらってくる、
おたふく風邪とか風疹の流行り病くらいですか。

我が家は、上のお姉ちゃんも元気いっぱいの子供です。

特に上の子は、よく食べては寝てくれるという親孝行な子供でしたので、
そういう点では下、の子供には手が掛かったように思います。

身体は丈夫だったのですが、かんしゃく持ちというか敏感な赤ちゃんでしたね。
飲まない・寝ないと上とは真逆でしたから。

それから、これはLDとは関係がないのかもしれませんが、
2ヶ月になるかならないかで寝返りが出来ていました。
まだ、首も完全にすわってない状態の時にです。

抱っこしててもよく反っていたのですが、そのような感じでベッ上でも
反っていたのです。なので、寝返りとはちょっと違うと思いますが。

上の子の時は、そんな現象はなかったので、気になり検診の時に先生に聞いた
覚えがあります。先生からは、「よくあるので大丈夫ですよ」と言われたので
安心したのを覚えていますが、未だにあれはなんだったんだろう と思います。

| 誕生編 | 15時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。